プロボノ発明者支援プログラム

IFIAは常に、発明者の権利の保護を確保し、発明の商業化の手続きにおいてそれらをサポートし、ワークショップの開催、セミナーの開催、協力などの幅広い活動を通じて、特許協力条約および知的財産権についての認識を高めるために努力してきました。この点で発明者をさらに支援するために、IFIAは、世界経済フォーラム(WEF)および世界知的所有権機関(WIPO)の発明者アシスタントプログラム(IAP)のスポンサーになり、 IFIAの主な目的。

IAPの主な目的は、リソースが不足している発明者をできるだけ多くのローカルIPシステムに取り込むことです。それらには、完全なアプリケーションを提出し、実体審査を受け、最終的には正当なメリットを享受する必要があるという知識、ツール、および手段を与えることです。発行された特許。 この使命の基本は、創造性と優れたアイデアはあらゆる階層の人々から生まれるものであり、真に成功したIPシステムは、社会経済的地位、地理、または財政的手段に関係なくすべての人が利用できるものであるという共通の信念です。

IAPへの入学にはXNUMXつの方法があります。XNUMXつは自分自身のために特許申請を行った出願人用、もうXNUMXつは地方特許庁にまだ申請していない発明者用です。 最初の方法として、地元の特許庁は、出願の受領時にWIPO WEF IAPの存在、資格基準、手順、およびルールについて出願人に通知する責任があります。 その後、各申請者は、WIPOクリアリングハウスで直接行われるWIPO WEF IAPに申請するかどうかを個別に決定します。 XNUMX番目の方法として、地方特許庁や他の地方自治体は、WIPOが提供するオンライン教育プログラム、または特定の国向けに開発され、地方特許庁を通じて提供される他の同等のコースの促進を支援することが期待されます。

IAPの詳細については、以下を確認してください。 www.wipo.int/iap/en

ここに登録することができます プロボノコース(英語版).
ここに登録することができます プロボノコース(フランス語版).

IAPは、2015年にコロンビアでパイロットプログラムとして開始され、各参加国(「メンバー国」)の政府、WIPO、WEFの経済的繁栄に関する知的財産プロジェクト(IPEP)の間のパートナーシップとして設立されます。プログラムは一部であり、IP弁護士はXNUMXつ以上の加盟国で参加している発明者を実践し、代表する資格があります。

もっと読み込む
翻訳する»